FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

またまた婆さんのことですが今回はグチブロとは少し違います

私が婆さんを嫌うのには今でも許すことの出来ない

忘れることの出来ない二つの理由があるんです

一つ目は 娘が5ヶ月頃のことです

婆さんが娘を抱っこし玄関に出て来たんです

その時 何かにつまずいたのか何なのかとにかく前のめりに

倒れそうになった婆さんは抱いていた娘を放したんです(放り出した)

たまたま その場にいた私が娘をキャッチ婆さんも倒れずに済んだものの

私がいなければ娘は・・・考えただけでぞっとします

でも婆さんは ああ こけやんで良かった こけて怪我でもしたら大変や

孫の心配より自分の心配を先にしたんです

そして二つ目は息子が2才になる前の冬です

お風呂に入れようと服を脱がしていました

シャツ(下着)を脱がそうとした時です「いちゃい(痛い)いちゃい」息子の声

そうなんです シャツが背中に張り付いて脱がせられないんです

シャツを濡らしながら少しずつ脱がせていくと

その小さな背中には横に3本の火傷の痕

そこから出ている浸出液でシャツが張り付いていたんです

なに これ 半狂乱で叫ぶ私に 婆さんは

そやして 危ないでて言うたのにな こけてんか

こけた 危ないて言うた そんな言い訳聞きたない

この火傷は服を着た状態でつかんよな 裸でしか・・・許せない

あんたがストーブの前で朝着替えさす時にやったもんやろ

何の治療もされず職場にも連絡無し 帰宅後の私にも一言も・・・絶対許すもんか

幸い息子の火傷は痕も残らず完治しましたが

このようなことがあり 私は婆さんを憎むようになってしまいました

とうの本人は そんなことはもう忘れてしまってるんでしょうね

スポンサーサイト
2010.08.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://axtukomama.blog106.fc2.com/tb.php/102-0e7b21ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。