上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

昨日は暑い 忙しいでバテバテちんになってしまい

ブログ更新までいけなかった  悔しいです

今日お兄は本社出勤 おじじは昨日からまた務所違った老健入りです

おじじにとってはほんとに務所だったりして

老健に行く日になると何だかんだとウダウダつまらない事を言い出す

服の色がとかズボンのゴムがとか本当にどうでもいいような事ばかり

それがおじじなりの精一杯の抵抗なんだろうな

私が「もうちょっと長いこと家で見れたらいいんやけど私一人では無理 

お爺ちゃんのことだけなら なんぼでも出来るけど全部やでな」って言った時

そやな 分かってるって・・・

そうだね 分かってはくれてるんだろうな 頭の中では

でも心の中は違うんだよね やっぱり家にいたい ただ それだけだよね
スポンサーサイト
2010.08.27 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

土曜日 爺さんの面会に行って来た 今回は父ちゃんも一緒

ほらね 爺さん嬉しそうだったじゃない

でもね毎回「いつまでや」って聞かれるの(入所期間のこと)

今回ちょっと長いんやって言うと 悲しそうな怒ったような顔になる これも毎回

やっぱりお家がいいですか  だよね~

家ならオイ オイって人を呼んで殿様してたらいいんだもんね

ねえ爺さん それで幸せなの 爺さんの幸せってなによ

寝たまんまでテレビ見てるだけ 場所が変わっても同じ

食べる事も出来ず 嫁や介護士さんににオムツ交換して貰って

リハビリなんてほんの形だけ 何にも変わらない

もの凄くプライドの高かった爺さんが

何をするのにも誰かの手を借りなければ出来ない

爺さんは どう思ってるの そんな自分の姿を

聞いてみたいよ


DSC00182.jpg

夏ですな 空の青とひまわり  電線邪魔


DSC00202.jpg

こやつ 結構うるさかったです 

2010.08.03 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

老健には爺さんと同じ胃ろうの人が何人か居るようだ

でもそこに至った過程は同じでは無い

栄養剤を流しながら食事を採れる人もいるみたいで

それが爺さんには許せない 納得出来ないのだ

爺さんにしてみれば胃ろう=自分と同じなんだと思う

その不満は時としてスタッフに向けられる

「あいつは食べれんのにわいは茶一杯も飲めへんのか」となる
(爺さんの言葉が理解出来たスタッフさん あんたは偉い)

そして その矛先は一番身近で介護している私にも向く

いつもの月に一度の往診の時だった

それまで普通だった爺さんが急に大声(爺さんなりの)を出した

耳の遠い婆さんには勿論 先生にも爺さんの言葉は理解できない

私が通訳する事に

お宅のお嫁さんからお茶一杯も飲まさんといてって言われてるで

やられへねん 気持ちは解かるんやけどな って老健の人が言うてた


えっ 目が点 その後パチクリ うそ~

勿論 そんな事 スタッフが言うはず無い

解かっていたが 確かめずにはいられなかった

心の何処かでスタッフであって欲しい そう思っていた

やっぱり・・・爺さんの心の叫びか

爺さんも誰かのせいにしたかったんだろうな

食べたいよな 当たり前だよね

まあ 今回だけは許してやるか 
2010.06.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。