上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は午前中に胃ろう交換 午後から往診

爺さんも私もハードスケジュール

交換の日は朝の栄養剤注入は抜き 

その代わり外出着に着替えさせる 結局プラマイ0

病院に着いても各部署で時間がかかる

待ち時間の長い事 長い事

10:00予約なんですけど 今 何時?

長時間車椅子で爺さんお疲れモード+ご機嫌ななめ

私もご機嫌ななめ なんですけど この時間の無駄

10分程の交換に2時間かけて

お疲れさん言う間もなくパジャマに着替えさせて注入開始

爺さん その間爆睡 ハイここでお疲れさん

往診も夕食の下準備をしている忙しい時(先生御免)に来てくれて

私は早く終わらせたいし先生も次があるのに

婆さんがウダウダ ごたごた

耳が少し遠いから 話がかみ合わないし うるさいよ もう 

あなたが口出すと話がややこしくなるからだ黙ってて(失礼)

婆さんのウダウダ話の後先生はいつも

時計を気にしながら苦笑いで帰って行く 先生 お疲れ様

DSC00094.jpg

      ライさん今日もブーたれ模様
スポンサーサイト
2010.07.01 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

爺さん 先日の血液検査でナトリウム値が低いと言われたん

栄養剤は高血圧の人の事も考え元々塩分は控えめになっているんだと

ナトリウムは120をきると

怒りっぽくなったり 時には意識障害も出るらしい
(爺さんの場合普段から怒りっぽいから解からんかも) 

爺さんは131まだそこまででもない

主治医からは一回1gの塩を栄養剤に混ぜるよう指示を受けた

老健にも同じ事を伝えておいた

すると栄養士の方が もっと良い方法を教えてくれたのだ

老健では 塩の変わりに醤油を使うんだって

濃いくち 薄くち どちらでも良い(薄くちの方が塩分が多い)

計量スプーン5cc一杯が塩1gになるんだって

これだと溶かす必要はないから楽だ 

次回 爺さんが戻って来たらそうしようっと



2010.06.17 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

爺さんは ほぼ2月に一度PEG交換に行く

これがまた大変なのだ もの凄く無駄な時間がかかる

爺さんの主治医は循環器のDrだった

それだけの理由でまず内科に回される

そこで散々待たせれた挙句 血圧一つ 脈一つ見るで無く

何もしてもらえないまま 外科に下ろされる

(これもの凄く無駄な時間)

またまたそこでも待たされ やっとの事中へ

交換事態は わずか10分ほど

そこから今度は上手く入っているか見るためレントゲンに

そこで またまたまた待たされ・・・再度 外科に

結果を聞きやっと終了 と思いきや

会計でまた嫌と言うほど待たされる

早くて2時間 かかれば3時間

何のための予約やら 何とかならんの?

家に帰れば二人して クターです




2010.06.10 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

爺さんは様態も安定し 退院に向けての準備が進められていた

そんな中 私にも退院に向けての課題が下りた

胃ろうからの注入練習だ

やり方事態はさほど難しいものでは無い

病院では全ての準備が済んでいるにで

注射器を胃ろうカテーテルに接続 胃の中に残りが無いかを確認し

無ければ(有れば胃にもどす)

イルリガ-トルという点滴パックの様なものに入った栄養剤を

胃ろうカテーテルにつなぎ流すだけだった

流し終われば10倍に薄めた酢水をカテーテル内に貯留する

内服薬があれば少量の白湯で溶かせておき

栄養剤を流す前に注射器でカテーテルに注入

注入時の姿勢は45~60度 注入後30分位はそのままの体位で

(寝たままだと逆流し気管に入るから)

注入速度は1秒に1滴が目安

私が教えられたのはこんな感じだ

看護師さん達の都合も有り 

結局私がまともに練習出来たのは1回だけだった

ちょと不安 大丈夫か 私

2010.06.03 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

爺さんの保護衣ルックはその後も続いた

昼食時のみゼリーが付いていたが3口程でむせると言う事で

それも無しになっていた

其の内爺さんは 何かを食べている様に口をモグモグさせ

途中何度となくプープーと風船を膨らませる様な息遣いをした

「何してんの?」「ご飯食べた後の・・・」う~ん 解からん

この爺さんのモグモグは現在進行形だ 今も常にやっている 
2010.06.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。