上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

ライ街にもこのような風景が

DSC01240.jpg

ここのお宅毎年イルミネーションの数を増やしております

チョボチョボと見に来る人達も増えて増やさん訳にはいかん状態なんでしょうね


このお方はと言いますと イルミネーション等は全く興味も無く

DSC01250.jpg

ベルナちゃんいてる 僕やで 会いに来たで

DSC01252.jpg

折角 来たのに出て来てえな オ~イ

DSC01248.jpg

ベルナちゅわ~ん I LOⅤE YOU 叫べど届かぬこの想い

この日 ベルナちゃんが顔を見せてくれることは無く

ライの叫びは虚しく夜の闇にかき消されてしまいました



スポンサーサイト
2010.11.28 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

今朝のお散歩時 久しぶりにワン友のソラくんに会いました

小さくて元気なヨークシャの男の子

DSC03850_20101111175038.jpg

いつものようにお尻クンクンの御挨拶 シッポをふりふりツーワンともご機嫌です

DSC03843_20101111175109.jpg

の・はずだったのですがソラくんライに突然の威嚇 そして右耳にガブリ  うそやん

幸いソラくんママがソラくんを抱き上げたのと私がライを抱き上げたのが同時位で

耳の毛を噛んだくらいで済みましたが

ママさんに抱っこされながらもソラくんのウ~ガルル~は止まらず

そうなんです ソラくんライにやきもちを妬いたみたいなんです

ソラくんは何故か私のことが大好きでライが私の側に寄ると怒るんです

ソラくんママも苦笑いの おばちゃん おばちゃんぶり

自分の飼い主の側に寄って怒られた哀れなライはすっかりショボン

帰ってからも元気無くふて寝を決め込んでました

P1080446.jpg

ワン友とはいえ 何処にどんなスイッチが隠されているか分からない

改めて気を付けなければと思い直しました

2010.11.11 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

熊や猿が人を襲うと問題になり 時には射殺されてしまう

でも人やそのペットが動物に危害を加えても大した問題にはならない

飼い主が辛い思いを味わうだけの個人的なことで片付けられてしまう

人も動物も命は同じ一つのもの

ペットを飼っている飼い主さんにとっては

ペットの命も自分と同じように それ以上に大切なはず

人を殺せば殺人罪 でも虫を殺したからって勿論殺虫罪にもならないし

動物を殺しても殺動罪とは言わない

なんでかな

人の命も動物の命も重さに変わりは無いと思うのだけど

今朝も起きて直ぐにライを思いっきり抱きしめた

温かいって思った 命の温かさだって思った

あたたかくて 重たくて たいせつな い・の・ち

この温かさ いつまでも感じていたいって・・・思った

cats16.jpg

ずっとそばに居て欲しいよ

cats15.jpg

ライと母さん組み合わせると一つの言葉になるんだよね

Rai is my treasure

stay with me forever
                               ずっと・そばにいるよ
2010.11.10 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

今朝のお散歩は足の向くまま気の向くままライさん任せ これが間違いの元

テコテコ フラフラ歩く歩く一向に帰る気配無し 気が付けばお城の下まで

これはもう行けってことでしょう 行っちゃいますか

P1080419.jpg

散歩の途中で見かけたポスト 今はこの形見ないですよね

cats13.jpg
上段 まん中・・日本一と言われている石垣

上段  右   忍者屋敷

下段  左   上野城 白鳳城とも言います

下段  右   俳聖殿 芭蕉さんを御祭していたと思うのですが

P1080424.jpg

頼り無い母ちゃんやな  おほめ頂き有り難う 恐縮です

公園内をひと回り 一時間半のお散歩でした

cats14.jpg

ライさんは しっかりお土産を持って帰ってました こんな土産はいらん

顔の周りのちっこいの取るの大変なんだけど
2010.11.09 / Top↑
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

犬を飼いたいなとは思っていたけど飼えるとは思って無かった 無理だろうと諦めていた

それが今 私の横にはクリクリの上目使いで鎮座している丸っこいのが居る

我が家がライを購入したのはテレビでも紹介されたこのあるモトコランドと言う所

(トンネルズの貴さんもここで80万のシュナウザーを買ったとのこと

突然行ってみようかと言う話になり突然押し掛けた 何の連絡も入れず

本来なら予約無しでは絶対に会って貰うことは出来ません

御近所さんは会って貰えなかったと言ってました

それが たまたま外にいらした息子さんがとり付いて下さり

これまた たまたま予約の時間に遅れている御家族がいらして

そのあいた時間に話を伺えることに それも予約無しだと言うのにとても心良く

話を聞く内 父ちゃんも私も もし買うならここ以外ないって思ってました

そして気がつけば白い紙に仔犬の予約待ちのサインを・・値段を聞きもせず

後で御値段を聞きちょっとお目目が落ちそうになりましたけど後の祭り

約3カ月程待ち仔犬を見せて貰いに 2匹の仔犬を見せて貰い

上に乗っかり下の仔犬を踏み潰していた元気な子がライってわけです

彼はそんな偶然が重なって我が家にやって来た運命の子

こんな出会いも運命の一つかなって思ってます

P1080327.jpg
DSC03813.jpg
僕は運命の子なんやって 赤い糸 姉ちゃんの赤い糸は切れてんのかな オイ
2010.11.07 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。